注意点やポイント

納骨堂を申請する時に認識すべきこと

納骨堂を申請する時には、認識しておかなければいけないことがあります。 その1つが、普通の墓と比べて、墓の規模が小さいことです。そもそも納骨堂は室内に設置されているので、どうしてもスペースが小さいです。なので、お盆の時期は参拝者であふれて手狭さに感じます。 その他にも、納骨堂では地震などの災害で遺骨紛失の可能性があります。納骨堂は耐震設備がしっかりしていますが、絶対安心とは言い切れません。その点を考慮して、契約する必要があります。

契約する時のポイントとは

納骨堂を契約する時には、失敗しないためのポイントがあります。まず大切なことは、契約するお寺のことを良く知ることです。納骨堂とは、先祖の大切な遺骨を納めて、末永く管理をお願いするところです。よって、寺の方針、供養の仕方、住職さんの印象などいろいろと確認したほうが良いです。きちんとお寺のことを把握しないと、購入した後に後悔することになります。なので、徹底的なリサーチが大事です。 その他の注意点は、納骨堂において最優順位を決めておくことです。たとえば、立地、宗派、費用、納骨数など色々とあります。曖昧なまま契約すると、こんなはずじゃなかったと後悔することが多いです。なので、一度これらのことを家族でじっくり話合うことが大事です。そうすることで、家族が満足できる納骨堂に出会えます。