まずは情報収集

お墓の購入を希望している場合には

お墓の購入を考えている人は、まず情報収集することが大切です。寺院墓地は信者にしかお墓を建てさせないのが普通なので、特定の寺院の檀家になっていない人や無宗教の人などは、霊園に墓地を購入してお墓を建てることを検討してみるようにした方がよいでしょう。都内にある公営霊園は購入希望者がたくさんいるため、抽選に当たらないと購入することができません。でも、民間霊園であれば、都内でも比較的簡単に購入することができます。また、都内各所に建てられている納骨堂も高い人気を呼んでいます。いずれの販売情報もインターネットで調べることができるようになっていますので、インターネットを活用してみることをおすすめします。

購入するためにかかる費用について

民間霊園と公営霊園のお墓購入費用を比較すると、やはり公営霊園の方が安上がりになっています。とはいえ、都内にある公営霊園の人気はかなり高いので、地方にある公営霊園よりは高めの値段設定になっています。また、最近は値段が安めの民間霊園が増えてきていますので、公営であるか民営であるかについては、それほど強くこだわる必要がありません。実際には墓石のグレードやデザインをどうするかによってかかる費用が大きく変わってくることになりますが、だいたい100〜200万円前後の費用がかかっているケースが多いです。一方、都内にある納骨堂を購入する場合であれば、80〜100万円前後が費用相場になっています。ただし、納骨堂の中には、屋外にあるお墓のような個別スペースを確保しているところがあります。そのような形式の納骨堂の値段は、それなりに高めの設定になっています。