遺品整理にかかる費用

故人の遺品整理を請け負ってくれる便利な会社は、現在日本において多数存在します。こうした業者に遺品整理を依頼する際に大切なのは、そのサービスとかかる費用ですが、今の地点では平均2万円〜40万前後となっています。

Read more

注意点やポイント

納骨堂は、新しいお墓の形態として人気が高まっています。そもそも納骨堂とは、先祖の遺骨を預けて保管してもらう施設のことです。費用が安かったり、管理が楽だったりと色々なメリットがあります。

Read more

お墓

基本的な条件

ネットで簡単に見積もりが行なえます。墓石の購入を考えている場合にチェックしておこう。沢山の種類があります。

亡くなってしまった人には、安らかに眠って欲しいと誰もが考えます。多摩区の葬儀は、そんな思いをしっかりと実現させてくれます。

申し込み条件をチェックして役所に申し込む

都営墓地や市営墓地といった公営墓地を利用するには、まず申し込み条件を満たしている必要があります。 一般的に、その地域に住民票があること、そして遺骨があること、この2つが申し込み条件になっていることが多いです。前者については1年以上、3年以上といった期間が定められていることもあります。また、市外に住んでいる人でもその地域に住民票がある世帯主を代理人とすれば申し込めることもあります。この場合、使用料が在住者より高くなることが多いです。後者は樹木葬や永代供養墓でしたら生前申し込みが可能であることも多いです。 申込期間が定められているところと随時受付のところがありますが、どちらにしても使用申請書、住民票、本人確認書類などを用意して管轄の役所への申し込みなります。希望者が多ければ抽選で使用者が決められることがほとんどです。

永代使用料の安さが魅力

墓地を利用するためには、墓地の土地を使用するための永代使用料というものを支払う必要があります。公営墓地は民営に比べて、この永代使用料が安い点が人気の理由です。また、霊園の維持費である年間管理料も公営の方が安い傾向にあります。年間管理料は公営の平均が5000円ほど、対して民営は1万円となっています。また、行政が運営しているという点から、経営が安定しているというのも人気の理由となっています。 他には、どんな石材店でも使えるという点もあります。民営の霊園には指定石材店制度というものがあり、決まった石材店しか墓石を建てることができませんが、公営でしたらこうした規制がありませんので、自分で好きに石材店が選べます。

まずは情報収集

都内でお墓の購入を希望している人は、まずインターネットを使って現在販売中のお墓の情報を集めてみるようにするとよいです。一口にお墓と言っても、寺院墓地に建てるケースもあれば、公営霊園や民間霊園に建てるケースもあります。

Read more

オススメリンク

  • 東京で納骨堂を探すなら

    納骨堂なら東京に良心的な価格のところがあります。質の良い室内環境が完備されているので、安心して利用できます。
  • 大機院

    たくさんの人々が利用をしているのです。京都で永代供養をしてみたいならサイトをご覧ください。利用するときに情報を知っておくと便利。